学校の課題がテスト勉強なのかな?

 

新学期が始まったところで定期テストのお話をしても、ピンとこないかもしれませんが、

来月の中間試験にむけての試験勉強に関するお話です。

特にに新中1生は初めてのテストですね。

しっかりした勉強をして、いいスタートダッシュができてほしいですね。

 

「試験勉強」ってどうするの?

塾に中学の途中から入塾した生徒さんや保護者の方にお話しを聞くと、

「試験勉強って何をどうやればいいのかわかっていない」という子が案外と多いです。

そのような子の多くは「試験勉強=学校の提出課題」だと思っています。

ですから、そういったお子さんは「テスト勉強はしてるよ。」と言います。

「やってるのにいい点数がとれない」ともいいます。

 

どの中学でも2週間前~10日前の間には試験範囲表が配られ、

その範囲表には試験日までに提出する課題の範囲が書かれています。

テスト勉強は何をするのかわかっていないお子さんは、試験日までに課題をやればいいと思っています。

その結果として、試験前日になっても提出課題を解いているようなお子さんもいます。

サミングアップでは、「課題は試験一週間前までに終わらせる」という事を徹底しています。

テスト開始一週間前にはすでに課題の全てが終わっていて、

課題などのやるべきこと、与えられたことは何もない「空白の一週間」をテスト前に作るようにしています。

 

この「空白の一週間」を作ることはとても大切ですが、とても難しくもあります。

テスト勉強予定表もこの一週間をつくることが最初の目的です。

その「空白の一週間」に何をすればいいのか。

自分が苦手な単元の演習や暗記事項の徹底した繰り返しとそのアウトプットを集中的に行います。

 

どうして課題が「試験勉強」にならないの?

試験一週間前に課題をやっていても、勉強しているのは変わらないんだからいいじゃないか。

という意見もあるかと思いますが、そこはきちんと正しくお伝えしておかないといけません。

 

試験勉強とは「それをすれば試験の点数が上がる」という勉強です。

ですから、一人ひとりやることもやり方も違うはずなんです。

つまり、全員に共通に出された課題はとりあえずやっておいてねという勉強であり、「試験勉強」とは呼べないのです。

 

ずーっと以前は今のような課題のようなものはなかったんです。

ただ単にテスト範囲が書いてあっただけで、テスト勉強は自分で考えてねというものだったんです。

ところが、それだとまったくテスト勉強をしない子が出てくる。テスト前に遊んでいる子がいる。

それで、そういう子でも勉強させるのにとりあえず課題が出されるようになったんです。

また、絶対評価というものになって、点数だけでは評価できない、その子の努力度も評価の対象となり、

そのために課題が出されるようにもなりました。

 

たとえば数学の課題のワークでいいますと

試験前1週間で、そのワークをやっていたらどうなるでしょうか。

試験の点数は「上がるかもしれないし、上がらないかもしれない」です。

それがお子さんにとって必要なレベル、必要な内容でなかったら。

提出課題には基礎の問題も含まれています。

もしお子さんが70点は取れる力があり、次のテストでは80点・90点を目指したいのであれば、

基礎の計算問題はやってもあまり意味がないことになります。

逆に60点・70点を目標にしているお子さんにとっては、

ワークの単元の最後の応用問題はハイレベルすぎて、

そこで時間を使いすぎて基礎力を身につける反復練習の時間が無くなってしまいます。

 

次に暗記科目の社会でいいますと

課題のワークは覚えていなくても、教科書をみながらすればできます。

ですが、試験の時は教科書はありません。つまり、覚えていないとできません。

ワークをすることが目標になり、覚えることに時間をかけていないと、

結局は社会では悲惨な結果になってしまいます。

まず、問題をする前に覚える。そして問題を解くということが暗記科目では重要です。

 

誤解しない言っておきますが、テスト前にワークに時間をかけることが「良い悪い」という事ではなく、

テストでいい成績を取るには、一人一人に合った対策をしないといけないということなんです。

 

試験前には、一人一人の「試験勉強」のには何もするべきことがない「空白期間」が必要ということです。

自分の点数アップのために、自由に使える空白期間が必要ということです。

そのためには課題を早めに終わらせる事が大切になります。

もちろん、課題の提出は重要です。

課題を期日までに提出しないと通知表の点数はほぼ下がります。

 

ですが、試験で点数をあげるには自分に合った勉強、自分の弱点を補強する勉強が必要ということなんです。

その自分に合ったテスト勉強をやるかやらないかでは結果は大きく違ってきます。

連休明けにはテスト勉強の時期となります。

お子さんが目的にあった努力をする事の重要性をご理解いただけたら幸いです。