高校数学を得意に!

高校生が学校の科目で最も差がつく科目が数学です。
中学では数学で80点、90点以上をとっていたのに、
高校の数学では信じられないような点数をとることは珍しいことではありません。

それはなぜかというと、高校になると数学の授業内容が難しくなるのはもちろんですが、
高1だと数Ⅰ・数A、高2になると数Ⅱ・数Bというように、
数学だけでも学習量・授業スピードが2倍となります。
中学校の時には塾とかで予習がわりに学習し、
学校の授業を復習のようにうけていたのに、
高校で予習もせずに授業を受けると
先生の説明も理解できずに、あっという間に数学がわからなくなり、悪い点をとる。
悪い点をとるとさらに学習意欲が失せてしまう。
この悪循環を繰り返すからです。

サミングアップの高校クラスでは数学の独自教材で学習しています。
教科書レベルからセンター対策・入試レベルまで
スモールステップで復習と新出内容をくりかえし学習しています。

塾で学習して少しでも内容を理解することにより、
学校の授業内容がわかる。
だから次への学習意欲をもつことができるのです。

さらにサミングアップでは
定期テスト前には「理数科目の集中特訓」を
テスト1週間前から夕方の時間帯を利用しておこない、
高校生をサポートしています。

いい成績をとることが高校での学習意欲をキープする秘訣です。

↓