夏期講習で大事なこと!

 

以前にも投稿したのですが、夏休みが始まるところなので、

もう一度、投稿させていただきます。

 

今日は来週からの夏期講習について書こうと思います。

 

塾によっていろいろだと思いますが、

サミングアップでは「夏」「冬」の講習では復習が中心です。

この「夏」「冬」の講習の意義は何でしょうか?

 

サミングアップでは

通常授業:学校の「予習」と「定期テスト対策」を

講習:「復習」を徹底しておこなっています。

講習の時には徹底して「復習」です。

復習と言っても前学期の復習ではなく、それまでの復習すべてです。

 

中3の夏期講習であれば「中1から中3の1学期まで」の復習を、

中2であれば「中1から中2の1学期まで」の復習です。

なぜ中1からわざわざ復習するのか、

そのあとに待っている実力テストや入試では中1の全範囲から出題されますし、

できていたところでも「人は必ず忘れるから」です。

忘れたところ・定着していないところにさかのぼり

そこから復習をはじめることによって定着ができていくのです。

ところが、市販の教材やいわゆる塾教材の講習もののテキストは

その学年の前学期までの内容しか含まれていません。

なぜかというと、一般の塾では時間が限られていますので、

それくらいの範囲の量しか学習できないからです。

 

サミングアップでは夏・冬ともに講習でも学びほーだいですから

一人ひとりにあわせての時間割がくめて、十分な復習ができるのですね。

 

それでもそんなにすべてをできるのかというと、

すべての単元を同じようにすることはできませんし、することは非効率です。

サミングアップでは最初に「チェックテスト」を行い、合格した単元は復習はしません。

「不合格の単元」「合格しても自信のない単元」だけが復習の対象となり、

徹底的に復習をするようにしています。

 

それくらいやっていても、必ず忘れてしまうところがあります。

これは「つかわなかった事は忘れてしまう」という自然の流れです。

ですから、講習のたびにくりかえす事が大切になるのです。

 

この講習での復習をきっちり終えることで、

一人ひとりの「忘れ」をつぶしていきます。

もちろん、ふたたび「忘れる」ところはでてきますが、

それでも繰り返すことによって、定着してくるのです。

 

この講習での復習をしっかりとすることにより、

通常授業での「予習」が生きてくるのです。

頭の中での定着ができているから、新しいことが入ってくるのです。

それがないと「単なる知識の上すべり」になってしまいます。

 

せっかくの夏休みですから

学校の宿題だけをするのではなく、

しっかりと方針をたてての復習をしてはいかがでしょうか?

 

きょうも最後まで読んで頂いてありがとうございます。

 

LINEでID「@summingup」で検索するか、「友だち追加」のバナーをクリックしてください。

友だち追加