高1の1学期が勝負!

 

中1生にとっても、高1生にとっても一学期が大事なのですが、

高1生にとっては一学期が勝負です。

なぜなのか?

 

ほとんどの高校生は高3の夏には進路、受験先を決めていき、

その志望大学にあわせて、受験科目やその科目・レベルにあわせて勉強をしていきます。

高3の2学期に受験先がはっきりと決まっていないようでは遅いですよね。

加えて大学受験で高3になってから勉強する科目で受験に関係するのは

理系の数Ⅲと物理・化学、文系の日本史・世界史くらいのものです。

それも早ければ2学期のはじめには終わってしまいます。

英語、国語、数Ⅰ・数A、数Ⅱ・数Bはもう学ぶべきことは終わっています。

ということは、大部分の科目は高3では受験勉強になっているということです。

当然、中学に比べると高校の学習の質や量はくらべものになりません。

高3になってから頑張るというのはかなりきついことです。

 

その中で高1の一学期の重要性というのはどれくらいか。

高校になると、勉強重視、部活重視に分かれてきます。

高1の一学期のテストで出遅れるとどうなるか。

中1ではまだまだみんな入り口ですから、少しがんばれば回復可能です。

ところが高1では上位の生徒はいわゆる「意識高い系」です。

上位の壁は予想以上に厚いです。

しかも学習のレベルも高い。

中学で数学で「0点」をとるのは難しいです。

勉強していなくてもわかる問題はあります。

ところが高校数学で「0点」をとるのは簡単です。

ちょっとなまけて、予習・復習をおこたり、テスト勉強をしなければ「0点」

実際に上位の高校へ入学して

1学期の期末で数Ⅰで「0点」をとって夏から塾へきたお子さんがいます。

中学校では得意科目が数学だったそうです。

うそだと思われるかもしれませんが、数学で自信がなくなると

九九の計算や文字式の計算ができなくなります。

勉強ってそういうものです。

それに加えて高校生くらいになると、

習っていることの難しさがわかってきます。

ちょっと勉強しただけでできるものなのか、

富士山、エベレスト級の難しさなのかが。

そうなると勉強へのあきらめ、逃げがはじまります。

高校入学時にはその高校に入るには内申点や入試成績でも大きく違わなかったのに

一学期のほぼ3か月の間で大きな差になります。

「意識高い系」になるのか、「あきらめ・逃げ系」になるのか。

高1の一学期が勝負ですよ。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。


LINEでID「@summingup」で検索するか、「友だち追加」のバナーをクリックしてください。

友だち追加