計算ミスって?

数学の成績を上げるために一番大事な事は?

「自分ができる問題を確実に解くこと」です。

 

どうしても難しい応用問題が大事だと思いがちですが、
実際に数学で点数が思うようにとれないお子さんのほとんどは
「取りこぼし」、つまりできるはずの問題をできないことによる失点が多いのです。

できるはあずの問題を確実にできるようにすれば、
数学のテストで伸び悩むことはありません。

できるはずの問題とは、理解できているはずの問題です。

その中でも計算問題が「理解できない」ということはほとんどありません。

計算問題は常に「できるはず」の問題です。

その計算問題でいわゆる「計算ミス」をなくすために重要なのが「途中式」です。

実際、計算ミスをする子の多くは途中式を省いてしまいます。
その途中式を省くことでミスをする確率が大きく増えます。
塾生にも口をすっぱくして「途中式を書きなさい」と言っていますが、
きちんとそれを実行できるようになると確実に得点力がアップしますが、
さらに大事なことがもう一つあります。

それはミスの「原因を特定する」ことです。

どこで、なぜ、間違えたのか?

正解するのはどうすればよかったのか?

自分の間違いポイントをチェックすることが大事なんです。
自分はどういうところでまちがっているのか、自分のミスのクセを把握し、
問題を解くときにそのポイントになったらより気をつけることが大事なんです。

解き直すのではなく、間違いの原因を特定するのです。
誰がどういう間違え方をするのかは十人十色ですが、
一人ひとり特有の「間違いのパターン」を繰り返すという点は多くの子に共通しています。
原因を特定したうえで解き直しをするだけで、勉強の効率が格段に上がります。

それは先ほど言った途中式を省くということとつながりやすいことです。
文字式の分数式で符号を間違える多くのパターンは
カッコの付け忘れ、かっこをはずすのを暗算でする、
ほとんどがそのパターンです。

自分の間違えの癖を把握し、ミスをなくすだけでも得点は確実に上がります。

あと一つだけ、大事なことが。

まちがった問題を必ず解きなおしてください。
ただし、その日ではなく別の日に。
なぜか? その日は間違えの原因を覚えていますし、答えを覚えています。
別の日にもう一度解いて、正解になるかどうかです。
もちろん、途中式を書いてです。
途中式を書くと時間がかかるとか言って書かない子がいますが、
それでまちがえる確率が増えたら意味がありませんよね。

ぜひ、お子さんにおすすめくださいね。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。


LINEでID「@summingup」で検索するか、「友だち追加」のバナーをクリックしてください。

友だち追加