「答え知りたい病」ってご存知ですか?

「答え知りたい病」ってご存知ですか?

もちろん、そんな病気は実際にはありません。

ではどういう病気か?

その名の通りすぐに答えを求めてしまう病気です。

 

分からない事があると、「先生、わかりません」と質問する。

もちろん、質問をする事は悪い事ではありません。

ただし、質問のしかたを間違えると重症になります。

「どこが分からないの?」と問い返すと、

「ぜんぶ!」という回答がきます。

で、解き方やヒントを教えても不満気。

要は答えを教えてほしいのです。

その子にとっては大事なのは答えなのです。

そういう質問をしてくる子のノートは問題をまちがってたら

答えだけを赤で書き直していることが多いです。

 

でも、必要な事は「分からないところ」を探すことだと思っています。

ここまではわかるのだけど、ここがわからない。

ここまでできたのだけど、ここからどうしてもできない。

そういう自分の疑問点を見つけることが大事なのですよね。

そこまでの道すじができたらその子にとってはその問題はできたのと同じことなのです。

 

もし、私たちがわからない問題の解き方や答えをすべて教えてしまうと

生徒の「わからない!」に対して、説明を始めて納得させてしまうと

そして、生徒の「分かった!ありがとう」という言葉で満足してしまうと

多くの場合、この生徒は同じようにまた「わかんない!」となります。

 

生徒が「分からない」と嘆いたときには、

「なぜ分からないのか」をおしえることが大事なのではとおもいます。

そして、「分かるようになるため」の道すじを示してあげることが

一番大切な事だと考えています。

 

大事なのは自己解決能力をどう身につけるのか。

どうすれば解決できるのか。

そして、それによる成功体験をすることにより、

わからなくなることがこわくなくなり、

何事にもチャレンジできるようになります。

 

「努力して正解を知る」のと「努力せずに正解を知る」のでは

その事柄に対してだけでなく、

その後の生き方にも大きく影響してくるのではと思うのは大げさでしょうか?

 

最後まで読んで頂いて、ありがとうございます。