緊急事態宣言発令における授業の実施について

緊急事態宣言に対するサミングアップの対応について

3月7日に政府より緊急事態宣言が兵庫県を含む7都府県に発令されたことをうけ、兵庫県下の小中高などにおいては連休明けまでの休校延長が実施されることとなりました。現在、兵庫県下では民間事業者への休業要請は出されていませんが、今後の状況は不透明なままです。そこで、現状における緊急事態宣言による学校休校期間中のサミングアップの対応ならびに塾長としての思いをご説明させていただきます。

1.授業は時間枠を変更し、人数制限を実施して行います。
学習塾は『子供たちの学びの場』を提供する場所であり、特にサミングアップは学びホーダイの学習を通じて『学ぶことの習慣づけ・継続することの大切さ』を伝える場であると思っております。学校休校中の不十分な学習環境を補完するためにもサミングアップは感染リスクへの最大限の注意をはらいながら授業を継続していく予定です。

2.お子さまが通塾する際のご注意およびお願い
・通塾時および授業時のマスクの着用を必ずお願いいたします。
・塾入室時の手指の消毒を必ずしていただきます。
・接触感染防止のためにもハンカチ・タオル・ティッシュなどを携行させてください。
・微熱・咳・鼻水、味覚・嗅覚障害など体調の不具合がある場合は無理をせずにご欠席お願いします。授業中に上記の症状がみられる場合にはご連絡の上、早退していただきます。

3.塾での対策
・「密閉」「密集」「密接」を避けるため、1回の授業の人数は教室面積60㎡のところ、先生ふくめて10名程度とします。そのため、授業回数の制限授業時間の分散や授業時の生徒間の距離は1.5m~2mを保持しています。また、授業時の換気をひんぱんにおこなう予定です。換気および少人数での授業のため春になったとはいえ、夕方以降、教室内の気温が下がるおそれがありますので、服装にはお気をつけください。

4.お子さまへの感染防止の意識の再確認お願いいたします。
新型コロナウイルス対策はインフルエンザ対策と同じです。飛沫感染・接触感染を防止すること、マスクをせずに人ごみの中へ出歩いたり、夜ふかしや長時間のゲーム・スマホなど不規則な生活による免疫力低下などを防ぐことが一番であり、私をふくめて、お子さんたち・ご家族の方々の感染防止意識を高めることが重要です。今一度、お子さまに感染防止への意識を再確認させていただくようお願いいたします。

5.今後の授業実施予定について
今回の緊急事態宣言は5月連休明けまでの予定ですが、状況によっては延長される可能性もあります。緊急事態宣言・休校措置などの期間においても、できうる限り『子どもたちの継続した学びの場』を提供していきたいと考えています。休校が長引けば長引くほど、学校が再開されたときの授業進度は早くなります。また、中3生・高3生にとって、受験は先へ延ばすことはできません。お子さまは目標を持ちにくい時期ではありますが、サミングアップでは状況に合わせながらの授業を行なわせていただく予定であります。授業実施にはお子さま・保護者の皆さまのより一層のご理解・ご協力が不可欠です。何とぞご協力お願いいたします。