点数を上げるテスト勉強の方法

得点アップのための勉強法はこれだ!

1> テスト対策は基本 2週間前 から

テスト範囲発表後1週間前からでは遅すぎます。 少なくとも2週間前からはスタートします。範囲がわからなくても習ったところを復習するところからスタートすればよいのです。勉強にフライングはありません


<2> 対策は
学校のものから 始める

学校のテストはほとんどが「教科書」「ワーク」「プリント」から出題されます。それをマスターすれば80点以上は可能です。そして「定期テスト」で得点を上げるには、これらを自力で解ける力を身につけること、できなかった問題を克服することがポイントです。まちがった問題の答えを写すだけではだめです。解き方・解説を理解し何度も解くことが大事です。


<3> テスト前には必ず
確認テスト・確認問題 をやってください

「これわかってたのに」「ほんまやったらできてたのに」「ちょっとしたミスや」 テスト返却後、こんな声をよく耳にします。これはテスト前に 確認テスト・確認問題 をやっていないからです。サミングアップで点数を上げている生徒はこの確認テスト・確認問題を何度も何度もやっています。得点をさらにアップさせるには「ワーク類」をするだけでなく、確認テスト・確認問題 を十分にする必要があります。

サミングアップのテスト対策


<1> テスト開始2週間前から「2Weeks毎日特訓」としてテスト対策を実施

◎2週間前からは平日は毎日50分×3コマ以上のテスト対策     

◎テスト前1週間以内の土曜・日曜・テスト前日・テスト当日は5時間となります。


<2> テスト対策では

①毎時間前半は 教科書・学校のワーク・プリント類をマスターしていきます。

(ワーク類は塾帰宅後などの家庭学習でも学習してください)

  答えの丸写し、〇つけだけをして復習をしないなどの意味のないことはしない。

②授業後半では、ワーク類のテスト範囲でマスターしたところの確認テスト合格するまで繰り返していきます。

③5教科のワーク類・確認テスト完了後、確認演習問題をおこなっていきます。

↓