中3の夏期授業では

 

サミングアップの中3夏期授業<学びほーだい>の授業内容です

サミングアップの時間数・学習法だからできる授業内容です

★夏期授業について<各科目学習法>★

◎英単語道場、速読英語、パーフェクト漢字は毎日学習。

<英単語道場> 毎日1ページを。満点合格できるよう仕上げる。

<速読英語> 1日1単元または2単元。

一つ一つの項目を集中してうける。 流れ作業にならないように! 

特に単語チェック、リスニングが大事

<パーフェクト漢字> 毎日1県分の読み書き(各40問)をパーフェクトに。

最初にわからない漢字の読み書きをチェックし、覚えてからテストをする。


<英語>
 

受験対策総復習の各単元を仕上げる。まちがいをなおすだけでなく、覚えていく。

弱点単元が見つかったら、単元別で学習する。

⇒プリント教材がすべて仕上がったら、「重点研究英語」へ (第27単元までできます)

A問題  まちがいは解説を読み覚える。覚えていない単語・熟語は必ず辞書でチェックして覚える。

B問題  ➀問題を解くときと同じようにして解く。スラッシュリーデイングで

②各問の解説を必ず読む。解き方・導き方を理解する。

③各英文を一文ずつ訳し、解答の訳と比較していく。

④訳せなかった英文や覚えていない単語・熟語を覚えていく。

 

<数学>

受験基礎編で自信のない単元や点数がとれない単元を完璧に仕上げる。

まちがいをなおすだけでなく、解き方を理解し、スラスラと解けるように。

実力テスト75点以上をめざすときは受験実戦編にチャレンジ。

⇒受験対策プリントが仕上がったら、「かんぺき問題集」へ

学習する単元の順番は ①やや自信のない単元 ②満点をめざす単元 

③じっくりと学習する必要のある単元の順番です

解き方を理解すること。数学に計算ミスや惜しいまちがいはありません。

完ぺきにするにはどうしたらいいのかを常に考えること。

 

<理科>

最初に「書き込み問題集」を完ぺきに仕上げる

⇒ 仕上がったら「実戦問題演習 公立入試の理科」

学習する単元の順番は①やや自信のない単元 ②満点をめざす単元 

③じっくりと学習する必要のある単元の順番です

「例題・ベーシック」は理解するまで、スラスラと答えが出るまで学習。

「スタンダード」では解き方のコツは必ず読み理解する。
答えを覚えるのではなく、解き方・考え方をマスターすること。

わからないときは先生に納得するまで質問。

 

<社会> 

最初に「キーワードマスター」「地図・年表ワーク」を完ぺきに覚える

社会はテスト範囲が広いことが多いです。テスト前は常にこの2冊を見直すように。

⇒ 仕上がったら「かんぺき問題集」で問題を解いていく

学習する単元の順番は地理・歴史・公民の苦手な分野・単元から

問題を解いてできなかったときは「キーワードマスター」で確認する

「キーワードマスター」に書いていないことがあれば、書き込んでいき、君のマイ参考書に仕上げていくこと。

◎社会はおぼえれば得意科目・得点ゲットの科目になります。頑張りましょう。

 

<国語> 

国語は問題を解くよりも解答・解説を理解することが重要

最初に古文(第17~第20単元)を学習

・古文は覚えるべきことをしっかりと覚える。

・古文を現代語訳に訳す練習をする。これが大事です。

その次に読解(第4単元から)を学習

・読解は解答・解説をしっかりと読み、理解することがポイントです。

・答えの導き方・答えの書き方を覚えてください。

国語は別の日に必ず同じ問題を解いてください。(得点アップのポイント)

熟語・慣用句・ことわざ・詩・短歌・俳句も忘れずに学習してください。

 

夏期講座は2学期の実力テスト・入試への貯金期間です。

どれだけの貯金ができるのかたのしみです!